軍艦~warship~

主に日本海軍の艦艇について

日本海軍 日露戦争

  

日清戦争後、ロシア・フランス・ドイツによる三国干渉で清国に遼東半島を返還することとなりましたが、ロシアは清国と露清密約を結んで遼東半島の南端の旅順と大連を1898年(明治31年)に租借し、旅順にはロシア太平洋艦隊の基地を造ってしまいます。東アジアにおける南下政策を推し進めたいロシアは、1900年に義和団の乱北清事変)が起きると、その混乱に乗じて満州を占領し植民地化しようとします。それに対し日英米が抗議をすると撤兵を約束するものの、実際は撤退せず逆に駐留軍を増強してしまいます。当時ヨーロッパにおいてロシアと敵対していたイギリスは、ロシアの南下により清国における権益が危険にさらされると感じていましたが、南アフリカボーア戦争で国力が低下していたため、孤立政策を捨て日本と同盟することとし、1902年に日英同盟を締結しました。1903年になり日露間で交渉が始まり、朝鮮半島は日本、満州はロシアをそれぞれ支配下に置くという妥協案を日本からロシアに提案しますが、ロシアからは、朝鮮半島の北緯39度以北を中立地帯として軍事目的での利用を禁ずるとの回答します。これでは、朝鮮半島が事実上ロシアの支配下にされ、日本の独立も危ぶまれると考えられ、またシベリア鉄道が全線開通すると軍隊移動が容易になるので、その前に開戦すべきとの判断から、1904年2月6日に日本よりロシアに対し国交断絶を通知し、戦争が避けられない状態となりました。
日本海軍は、ロシアとの戦争を想定した軍備拡張を推進していました。まず、三国干渉直後に戦艦6隻と装甲巡洋艦6隻を主力とする六六艦隊計画を構想します。日清戦争での海戦では高速の巡洋艦による速射砲攻撃で勝利を収めたことから、巡洋艦も主力艦艇と位置づけています。実は日清戦争を控えた1893年の建艦計画に基づき戦艦建造予算が申請されていましたが、高額の費用となるため当時の帝国議会が要求を否決したところ、それを明治天皇が憂慮し皇室費用等を削減し戦艦購入資金とする詔勅により、イギリスに戦艦2隻の発注をしたという経緯があります。それが「富士」と「八島」の2隻で、排水量が12000tを超える日本海軍待望の本格的な初の戦艦となりました。それに続く4隻は「富士」をベースに改良を施して建造された「敷島」「朝日」「初瀬」「三笠」で、当時としては世界最大で最新鋭の戦艦でした。装甲巡洋艦は外交上の配慮から、イギリスばかりでなくドイツとフランスにも建造を依頼することとしましたが、各国の建艦技術を習得する機会にもなりました。ドイツには「八雲」1隻、フランスには「吾妻」1隻、そしてイギリスに「出雲」と「磐手」の2隻の建造を発注しますが、ロシア海軍がハイペースで増強していることを知り、イギリスで建造中の装甲巡洋艦を買い取り「浅間」「常盤」とし、合計6隻が揃うこととなりました。
日本海軍は六六艦隊が用意できたことから、それまでの常備艦隊を解散し、1903年12月に戦艦6隻を中心とする第一艦隊と装甲巡洋艦6隻を中心とする第二艦隊を組織した上で、それを統合する連合艦隊を編成し、連合艦隊司令長官には東郷平八郎中将を任命します。ちなみに、ロシアとの開戦後、日清戦争時の主力艦で構成した第三艦隊も連合艦隊に編入します。
ところで、もはやロシアとの戦争は不可避と考えていたため、継続して軍艦の増強が必要と判断し、イタリアでアルゼンチン海軍向けとして完成間近であった装甲巡洋艦を購入します。「春日」「日進」と命名された2隻は、開戦後6日目に日本に回航され、日本海軍は巡洋艦8隻体制で戦うこととなります。

< public domain >

Japanese_battleship_Shikishima_on_Battle_of_the_Yellow_Sea

  

日露戦争

1904年(明治37年)2月6日の国交断絶通知後、最初に行なわれた戦闘は仁川沖海戦(じんせんおきかいせん)で、仁川港にいたロシアの防護巡洋艦ワリャーグ」と航洋砲艦コレーエツ」を、第四戦隊の巡洋艦(「浪速」「高千穂」「明石」「新高」)と装甲巡洋艦浅間」、防護巡洋艦千代田」、それに第九艇隊および第十四艇隊の水雷艇8隻が攻撃し、「コレーエツ」は自爆し「ワリャーグ」は自沈しています。
初戦で敗北したロシア極東の旅順艦隊は日本海軍との戦闘を避け旅順港に籠り、ロシア海軍の本隊といえるバルチック艦隊の到着まで戦力を温存する作戦をとります。日本としては、陸戦隊を海上輸送する上で制海権が必要があり、ロシア極東艦隊を無力化させなければならず、そのために旅順港閉塞作戦を展開します。旅順港は湾口が狭く浅いことから、湾口に船を自沈させて閉じ込めてしまおうというものですが、複数回にわたり閉塞作戦を実施するものの実効を上げるには至りませんでした。ただ、4月の第七次攻撃の時、ロシア戦艦「ペトロパヴロフスク」が日本の敷設した機雷に触れ、砲弾と魚雷の誘爆を招きボイラーも爆発したことにより沈没し、座乗していた艦隊司令官のステパン・マカロフ中将が戦死します。逆に、5月にはロシアの機雷敷設により、日本海軍の戦艦「八島」と「初瀬」、それに通報艦宮古」と駆逐艦」が触雷し沈没しています。また、濃霧での行動により視界不良となり、防護巡洋艦吉野」が装甲巡洋艦春日」に衝突されて沈没し、砲艦「大島」も砲艦「赤城」に衝突されて沈没します。日本海軍は、わずか数日で戦艦を含め複数艦を一挙に失うという災難に見舞われます。併せて、9月には駆逐艦速鳥」、12月には防護巡洋艦高砂」が触雷により沈没し、砲艦「愛宕」は10月に座礁沈没しており、旅順港閉塞作戦では多くの艦艇を失っています。第一艦隊は戦艦2隻を失ってしまいますが、その代わりに装甲巡洋艦春日」「日進」を組み込んで6隻編成は維持します。
海上からの攻撃は難しいとの判断から陸戦部隊による砲撃に切り替えたところ、戦艦「ツェサレーヴィチ」「レトヴィザン」などに損傷を与えることができ、司令官ヴィリゲリム・ヴィトゲフト少将も負傷してしまいます。そこで、旅順艦隊は危険を回避するためにウラジオストクに移動を図りますが、それを待ち構えていた連合艦隊が攻撃をしかけ黄海海戦(こうかいかいせん)となります。しかし、旅順艦隊は応戦せず逃亡を試みたため、連合艦隊が追いつき砲撃をしたところ、「ツェサレーヴィチ」の艦橋に直撃し司令官のヴィリゲリム・ヴィトゲフト少将が戦死します。それにより、ロシア旅順艦隊の大半は再び旅順へと逃げ戻りますが、各艦が受けた損害を修復する力はなく、ただ存在するのみといった状態になります。極東艦隊のうち、「ツェサレーヴィチ」は旅順に戻れず駆逐艦3隻とともにドイツ租借地の膠州湾に逃げ、また、防護巡洋艦アスコリ」と駆逐艦1隻は上海、防護巡洋艦ディアーナ」はフランス領インドシナサイゴンで抑留されます。防護巡洋艦ノヴィーク」は樺太コルサコフ沖で追撃してきた防護巡洋艦千歳」「対馬」とコルサコフ海戦を戦った末に放棄されますが、後に日本が樺太を占領した際に浮揚され修理し通報艦鈴谷」として日本海軍に編入されます。
また、ロシア極東のウラジオストク艦隊は日本の通商破壊行動を行なっていましたが、日本海軍は捕捉できずにいたところ、旅順艦隊のウラジオストク移動と同期をとって装甲巡洋艦ロシア」「グロモボイ」「リューリク」3隻が出撃し朝鮮半島蔚山沖を航海していたところ、連合艦隊第二戦隊(「出雲」「吾妻」「常磐」「磐手」)に発見されます。ウラジオストク艦隊は逃亡を図りますが、北上してくる「浪速」に挟まれる形となり、そこで蔚山沖海戦(うるさんおきかいせん)が行なわれます。砲撃戦の中、「リューリク」が集中砲火を浴びて戦列を離れることとなり、「ロシア」「グロモボイ」はウラジオストクに帰還できましたが、「リューリク」は「浪速」と途中から参戦してきた「高千穂」の攻撃を受けた後、自沈します。その間、ウラジオストク艦隊の補助巡洋艦レナ」はサンフランシスコに逃走しますが抑留されてしまい、ウラジオストクに戻った「ロシア」「グロモボイ」も破損がひどく修理が捗らない状態であり、ウラジオストク艦隊は機能不全となります。
これにより、日本海制海権を確保した日本海軍は、ロシア海軍バルチック艦隊の到着するまで、各艦を修理整備し、射撃訓練等を重ねることもでき、準備万端といえる状態でバルチック艦隊を待ち受けることができました。
ロシア側は、バルチック艦隊により日本海制海権を奪うことで日本の補給線を断ち、朝鮮半島日本陸軍を孤立させることを狙いとしており、バルチック艦隊と日本の連合艦隊との決戦が日露戦争の帰趨を決するものと位置づけられることとなりました。当初は旅順を目指していたバルチック艦隊ですが、日本陸軍により旅順が攻略されたことにより、目的地をウラジオストクに変更します。そこで、日本海軍は対馬海峡を通過し日本海を北上してウラジオストクに向かうものと想定しますが、その予想通りにバルチック艦隊は現れ、雌雄を決する日本海海戦が行なわれます。
1905年(明治38年)5月27日午後、両艦隊は接近し戦闘状態に入ります。バルチック艦隊は旧式軍艦が含まれる混成編成であり、ヨーロッパからの半年以上に亘る回航により艦艇も兵士も疲弊していましたが、連合艦隊は新造の軍艦で兵装も統一されており、前年8月の蔚山沖海戦以降は整備と訓練で精度も向上しています。艦隊戦が始まると、高速船による命中度の高い砲撃で連合艦隊は次々と戦果を上げていきますが、特に砲弾の違いによりロシア軍艦は無力化されてしまいます。ロシアは高初速軽量の徹甲弾であったため遠距離砲戦では威力が減衰し命中しても穴を空けて突き抜けるだけですが、日本は徹甲榴弾による速射砲であり下瀬火薬を採用したことにより着弾後すぐに火災を発生させます。そのため、ロシア軍艦は砲撃による沈没というよりは艦上での大規模な火災により攻撃不能とさせられ機関にも延焼し航行もできなくなって沈没するという状態になります。日本海軍は、日中の砲撃戦の後、夜間には駆逐艦水雷艇による魚雷や連繋水雷で攻撃し、翌日はまた砲撃戦による追撃を繰り返すという波状攻撃を行ないます。ついにはバルチック艦隊は壊滅状態となってしまい降伏を宣言したため、日本海海戦は終了を迎えます。連合艦隊の損失は水雷艇の沈没3隻だけでしたが、バルチック艦隊は沈没が21隻を数え、6隻は拿捕されてしまい、他に6隻が逃走したものの抑留され、ウラジオストクに入港できた艦艇は防護巡洋艦1隻と駆逐艦2隻しかないという状態であり、また司令官が捕虜として拘束されるなど、大艦隊の決戦としては史上稀に見る一方的な勝利という結果になりました。
日本海海戦の結果、バルチック艦隊を壊滅され日本海制海権を奪うことのできなかったロシアでは、帝政に対する国民の不満も増大し革命の萌芽といえる血の日曜日事件も発生し、戦争継続が困難な状態に陥ります。日本も国力を上げた戦争であったため、戦費はかさみ国内産業も稼働低下し国力の消耗は激しいものとなっていました。そこで、アメリカの仲介による終戦交渉に臨みますが、その間に日本軍は樺太攻略作戦を実施し全島を占領しています。

1905年(明治38年)9月になり「ポーツマス条約(日露講和条約)」を締結し、日本は満州南部の権益と朝鮮半島大韓帝国)に対する排他的指導権を獲得し、樺太南半分を領土として譲渡されますが、戦争賠償金は放棄することとなりました。賠償金が得られなかったことから、戦時中の増税による耐乏生活を強いられていた国民は日比谷焼打事件などの暴動を起こし講和を斡旋したアメリカも襲撃してしまい、その結果、戒厳令が発令され内閣が退陣する事態となります。しかし、対外的には賠償金を放棄して講和したことが好意的に受け取られ、また軍艦沈没により漂流したロシア兵に対する丁寧な対応もあり、日本に対する評価が高まることになり、明治維新時に結ばれた不平等条約改正への道筋がつけられることとつながります。それに加え、欧米諸国から恐れられる大国であり、イギリス・フランスに次ぐ海軍力を誇っていたロシアに勝利したことで、一躍列強諸国の仲間入りをし「一等国」と自称するようになりました。日露戦争では触雷にて戦艦2隻を喪失しますが、戦果としてロシアから戦艦6隻を獲得します。他にもロシア軍艦を多数接収し修理改造の後、日本海軍の軍艦として編入しています。
旅順艦隊の戦艦「ポルタワ」は「丹後」となり第一次世界大戦青島攻略戦に参加した後、ロシアに返還されます。戦艦「レトヴィザン」はアメリカで建造された軍艦で日本編入時に「肥前」となりますが、日本海軍唯一のアメリカ製戦艦となり、第一次世界大戦で哨戒活動に従事した後、除籍され実弾標的艦となり沈没します。戦艦「ペレスウェート」と「ポペーダ」は姉妹艦で、それぞれ「相模」「周防」となりますが、「相模」はロシアに返還され「周防」は第一次世界大戦後に除籍されます。バルチック艦隊の戦艦「インペラートル・ニコライ1世」は「壱岐」となりますが、ロシア最古参の戦艦であったため、主に練習艦として使用された後、除籍され標的艦となって沈没します。戦艦「オリョール」は「石見」となりますが、ロシア最新鋭艦でありながら復元性に問題があり、第一次世界大戦には海防艦として参加した後、除籍され爆撃標的となり沈没しています。他に、バルチック艦隊海防戦艦ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」は海防艦沖島」となりますが、第一次世界大戦後に除籍され練習船となり、同型艦の「アドミラル・セニャーヴィン」も海防艦見島」となった後、シベリア出兵では砕氷艦に改造され、その次には潜水艦母艇となります。駆逐艦ベドーヴイ」も接収され「皐月」となりますが、第一次世界大戦時は除籍され掃海船「皐月丸」として青島攻略戦に参加し、その後は標的船となります。旅順港に沈没した防護巡洋艦ワリャーグ」は引き揚げられて防護巡洋艦宗谷」として日本海軍に編入された後、第一次世界大戦中にロシアに返還されています。また旅順港に着底していた装甲巡洋艦バヤーン」と防護巡洋艦パルラーダ」も引き揚げられ、それぞれ巡洋艦阿蘇」「津軽」として編入されますが、ともに練習艦として使用された後、敷設艦に改造され、最後は標的戦となり沈没します。同型艦であったソーコル級駆逐艦レシーテリヌイ」と「シーリヌイ」は山彦型駆逐艦山彦」「文月」として編入しています。「レシーテリヌイ」は日本が鹵獲した艦艇で最初は旅順港閉塞作戦中に沈没した「」の艦名を引き継いでいたものの「山彦」に改名されて運用され1917年に除籍となり、「シーリヌイ」は旅順で沈座から引き揚げられた艦艇で「文月」として編入され1913年に除籍となります。

ところで、アメリカは日露講和条約を仲介した功績により、セオドア・ルーズベルト大統領が1906年にノーベル平和賞を受賞し、東アジア地域への発言権を得るようになり関与を深めていくこととなります。

< public domain >

Japanese_Fleet_Proceeding_Toward_The_Baltic_Fleet

  

日本海海戦

ウラジオストクを目指していたバルチック艦隊対馬海峡から日本海を進む航路をとりますが、1905年(明治38年)5月27日未明に仮装巡洋艦信濃」が発見し、続けて巡洋艦和泉」が接触し監視します。その連絡を受けた連合艦隊は、大本営に「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」と打電し、迎撃行動を開始します。午後になり、単縦陣で南西方向に進む連合艦隊は、前方を北東へと向かうバルチック艦隊を認めたため、司令長官東郷平八郎大将は13時55分に「皇国ノ興廃、コノ一戦ニ在リ。各員一層奮励努力セヨ」を意味する「Z旗を旗艦である戦艦「三笠」に掲げます。

当時の軍艦は舷側に副砲を並べており副砲を使った一斉砲撃をするためには、敵艦に対し横を向く必要がありました。そこで、前進する敵艦隊に対し丁字型で迎える戦法が考えられていましたが、それは敵艦隊の前進を阻むこととなりすぐに丁字を維持できなってしまいます。そこで今回の海戦では、まずは敵前逐次回頭をして敵に圧迫を与えて隊列を混乱させたうえで、連合艦隊側の高速性を活かして同航砲撃戦に持ち込むという作戦を採っています。

14時08分に先頭艦である「三笠」が回頭を終える頃、バルチック艦隊から「三笠」に対する砲撃が開始されますが、14時13分には連合艦隊第一戦隊は回頭を完了し砲撃を始めます。第二戦隊も14時15分から回頭し発砲を始め、バルチック艦隊先頭の第1戦艦隊旗艦「クニャージ・スワロフ」と第2戦艦隊旗艦「オスリャービャ」をはじめとする各艦に対し徹甲榴弾による一斉砲撃を行ない、多数の命中弾により火災を発生させます。砲撃戦は30分程続き、火災により「クニャージ・スワロフ」と「オスリャービャ」と戦艦「インペラートル・アレクサンドル3世」が戦列から離脱するなど、バルチック艦隊は攻撃力は著しく低下します。15時7分には「オスリャービャ」が沈没します。
そこで戦艦「ボロジノ」が残存艦を率い、それに「インペラートル・アレクサンドル3世」も合流する形となったため、こちらに日本海軍は攻撃を集中することとし、それにより「インペラートル・アレクサンドル3世」と「ボロジノ」は次々と撃沈され、戦艦「ナヴァリン」「シソイ・ヴェリキー」に海防戦艦アドミラル・ウシャーコフ」と装甲巡洋艦アドミラル・ナヒモフ」は主力とはぐれる形となります。「クニャージ・スワロフ」は戦闘能力を失い漂流状態になっていたところを駆逐艦ブイヌイ」に発見され、司令官ジノヴィー・ロジェストヴェンスキー中将などを移乗させます。ジノヴィー・ロジェストヴェンスキー中将は頭部に重傷を負っていたため、指揮はニコライ・ネボガトフ少将に移管されています。その後、「クニャージ・スワロフ」は連合艦隊第11艇隊の魚雷により沈没させられています。
日没となり砲撃戦はいったん終了し日本海軍の戦艦と巡洋艦は退避しますが、駆逐艦水雷艇バルチック艦隊の残存艦艇を攻撃します。夜間の水雷攻撃で、散開していたロシア艦艇のうち「ナヴァリン」は沈没させられてしまい、「シソイ・ヴェリキー」と「アドミラル・ナヒモフ」は戦闘不能状態となって自沈処分となり、また装甲巡洋艦ヴラジーミル・モノマフ」は大破してしまいます。これによりバルチック艦隊は司令官ニコライ・ネボガトフ少将が座乗する第3戦艦隊旗艦であった戦艦「インペラートル・ニコライ1世」に第1戦艦隊の戦艦「オリョール」と第3戦艦隊に所属する海防戦艦ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」、海防戦艦アドミラル・セニャーヴィン」に第2巡洋艦隊の防護巡洋艦イズムルト」の4隻のみとなってしまいます。翌5月28日朝には、また日本海軍に捕捉され再び攻撃を受けることとなり、そこで司令官ニコライ・ネボガトフ少将の指示により「インペラートル・ニコライ1世」は白旗を掲揚し降伏をします。これにより日本海海戦は終了となります。
しかし、「イズムルト」は逃走を図りウラジオストクへ向かいますが、ロシア沿岸で座礁してしまい爆破されて放棄されます。ジノヴィー・ロジェストヴェンスキー中将を乗せた「ブイヌイ」は機関故障が発生しますが、装甲巡洋艦ドミトリー・ドンスコイ」と駆逐艦ベドヴイ」「グローズヌイ」と合流でき、「ベドウイ」に移乗して「グローズヌイ」とともにウラジオストクへ向かうこととなります。しかし、駆逐艦」「陽炎」に発見され攻撃を受けてしまったため、「ベドウイ」は降伏することとなり、ジノヴィー・ロジェストヴェンスキー中将は捕獲されます。ただし、「グローズヌイ」は追撃を振り切ってウラジオストクに到達しています。「ドミトリー・ドンスコイ」は「ブイヌイ」を撃沈処分した後、鬱陵島付近で日本海軍の巡洋艦駆逐艦の攻撃を受けながらも兵員を退艦させ自沈作業を行なってから放棄されて沈没します。「アドミラル・ウシャーコフ」は停船し洋上修理の後、単艦での北上中に装甲巡洋艦磐手」「 八雲」と交戦しますが、抵抗をあきらめて自爆沈没します。夜襲を受け航行不能となっていた「ヴラジーミル・モノマフ」は仮装巡洋艦佐渡」の砲撃を受け沈没し、「ヴラジーミル・モノマフ」と行動を共にしていた駆逐艦ロームキー」も駆逐艦不知火」と水雷艇の攻撃により沈没します。バルチック艦隊本隊と離れてしまった防護巡洋艦オレーク」「アヴローラ」「ジェムチュク」と駆逐艦ボードルイ」「ブレスチャーシチー」は共に行動し南方へと逃亡していましたが、途中で「ブレスチャーシチー」が前日の戦闘による被弾で沈没してしたため「ボードルイ」が救助をすることとなり遅れます。「オレーク」「アヴローラ」「ジェムチュク」はそのままマニラに入港し抑留され、「ボードルイ」は燃料欠乏で漂流していたところをイギリス船に曳航されて上海で抑留されます。

バルチック艦隊は、戦艦「クニャージ・スワロフ」「オスリャービャ」「インペラートル・アレクサンドル3世」「ボロジノ」「シソイ・ヴェリキー」「ナヴァリン海防戦艦アドミラル・ウシャーコフ装甲巡洋艦アドミラル・ナヒモフ」「ドミトリー・ドンスコイ」「ヴラジーミル・モノマフ」など21隻が沈没し、戦艦「インペラートル・ニコライ1世」「オリョール海防戦艦ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」「アドミラル・セニャーヴィン」など6隻が日本に拿捕され、他国に逃げた6隻を除くと、目的地であるウラジオストク港に辿り着くことができたのはわずか3隻(巡洋艦アルマース」と駆逐艦グローズヌイ」「ブラヴィ」)のみでした。日本海軍は夜襲時に3隻の水雷艇を失っていますが、1隻は駆逐艦」との衝突による沈んだもので、バルチック艦隊の砲撃により沈没したものは2隻だけであり、艦隊決戦としては日本側の圧勝でした。しかし、この艦隊同士の砲撃戦での劇的な戦勝経験は、以降の日本海軍の大鑑巨砲主義による決戦思想へとつながるものとなってしまいます。

< public domain >

Japanese_cruiser_Izumo_in_Shanghai

  

日露戦争開始時の艦艇

  

富士(ふじ)

清国の「鎮遠」「定遠」に対抗する軍艦として計画された日本海軍最初の本格的な戦艦が「富士」で、大型艦である戦艦には多大な予算が必要となり帝国議会からの承認が得られず白紙となるところが、明治天皇の勅令によりイギリスに発注している。排水量は12533tであり、日本海軍初の戦艦といえる「桑」の3717tに比べ3倍強であり、「鎮遠」の排水量7220tに比べても1.7倍の大きさである。当時の最新鋭艦はイギリス海軍が建造中である「ロイヤル・サブリン」級であるが、それを改良した設計とし、主砲は最新型のアームストロング社製30.5cm40口径連装砲2基に副砲として15.2cm40口径単装速射砲10基というもので、装甲厚は457mmと「鎮遠」の355mmよりも厚いものにもかかわらず、最大速力は18.3ktとなっており、当時の軍艦としては世界最強といえるものであった。1897年(明治30年)9月に竣工すると、天皇勅令により購入したことから御召艦となり、日露戦争では連合艦隊勝利に貢献し、一等海防艦に類別変更されてからは練習艦となって太平洋戦争中も訓練に使用されて終戦まで残存したという艦歴の長い軍艦であった。

  

八島(やしま)

富士型戦艦の2番艦が「八島」であり、この艦も明治天皇の勅令によりイギリスに発注された。「八島」とは日本列島のことを指す美称である。「富士」と同型艦であるが、建造会社が異なるため(「富士」はテームズ社、「八島」はアームストロング社)、排水量が12320tと少なく全長全幅にも差異がある。1897年(明治30年)11月に日本に回航され、こちらも御召艦となった後、日露戦争に参戦するが、旅順港閉塞作戦中の1904年5月15日にロシアが敷設した機雷に接触してしまい、約9時間後に転覆し沈没する。

  

< public domain >

Battleship_Shikishima

敷島(しきしま)

敷島」は日清戦争後にロシアに対抗するためにイギリスに発注した敷島型戦艦の1番艦で、富士型戦艦に準じた艦形であるが、内部構造は最新の造船技術が取り入れられ、より強力となった当時世界最大の新鋭戦艦である。「敷島」とは、崇神天皇磯城瑞籬宮(しきのみずかきのみや)が置かれた磯城(しき)に由来して付けられた日本のことを指す古い国名である。敷島型戦艦の防御甲鈑にはハーヴェイ・ニッケル鋼が使われており、装甲厚としては229mmと薄いものの防御力はより強靭なものである。排水量は14850tとなり、主砲は富士型戦艦と同じ30.5cm40口径連装砲2基であるが副砲は15.2cm40口径単装速射砲14基となり、速力は18ktとなった。1900年(明治33年)1月に竣工され、日露戦争には主力艦として参戦し、一等海防艦となった後、練習特務艦となり「富士」と同様に太平洋戦争中も訓練に使用され終戦まで残存していた。

  

< public domain >

Japanese_battleship_Asahi

朝日(あさひ)

島型戦艦の2番艦が「朝日」であるが、建造会社の違いにより2本煙突となり「敷島」の3本煙突とは外観が異なる。排水量も15200tとなり全長全幅にも差異があるが、主砲副砲と速力は同等である。「朝日」という艦名は、本居宣長の和歌『敷島のやまと心を人問はば朝日ににほふ山ざくら花』からといわれている。1900年(明治33年)7月に竣工し、日露戦争では主力艦として参加した後、一等海防艦となり練習特務艦を経て、潜水艦救難設備を設置されて潜水艦救難船となり、1937年には工作艦へと改造されて太平洋戦争中は損傷修理に活躍するが、1942年5月にベトナムカムラン湾沖でアメリカの潜水艦サーモン」の魚雷攻撃を受け沈没する。

  

初瀬(はつせ)

島型戦艦の3番艦が「初瀬」で、「敷島」と同じ3本煙突であるが、排水量15000tとなり全長全幅にも差異がある。ただし、主砲副砲と速力は同じである。艦名は、古くから和歌によく詠まれている奈良県内を流れる河川名である。1901年(明治34年)1月に竣工し、日露戦争では第一戦隊の旗艦として1904年の旅順港閉塞作戦に従事している時、5月15日にロシア海軍の機雷に接触してしまい、2回目の触雷で後部火薬庫の大爆発を引き起こし沈没してしまう。

  

< public domain >

Japanese_battleship_Mikasa

三笠(みかさ)

三笠」は敷島型戦艦の4番艦で、最後に起工されたことから防御甲鈑は最新のクルップ鋼が使われ他の3隻に比べ2~3割ほど防御力が強化されている。また、ボイラー配置により「朝日」と同じ2本煙突であり、排水量は15140tで全長全幅にも差異があるが、主砲副砲と速力は同等になっている。艦名は、こちらも和歌によく詠まれる奈良県三笠山若草山)にちなみ命名されている。1902年(明治35年)3月に日本海軍に引き渡され、連合艦隊旗艦として日露戦争に加わり活躍し勝利に貢献するが、1905年佐世保港内で繋留中に後部弾薬庫の爆発事故により沈没しる。すぐに浮揚修理され復旧し、第一次世界大戦では日本海などの警備活動に従事したが、1921年に一等海防艦となってすぐのシベリア出兵の際、濃霧の中でウラジオストク港外付近を航行している時に座礁し損傷したため、応急修理をした上で舞鶴に帰投している。ワシントン軍縮会議で廃艦と決まるが、保存運動が起きたため、1925年に記念艦として横須賀に保存されることとなった。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Yakumo_on_completion

八雲(やくも)

鎮遠」「定遠」を建造したドイツのフルカン社に建造を依頼した装甲巡洋艦が「八雲」で、大型艦としてドイツに発注した唯一の軍艦である。須佐之男命(スサノヲノミコト)が詠んだ最初の和歌『八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を』から決められた艦名といわれている。六六艦隊を構成する装甲巡洋艦の第1号であるが、先に完成したのは浅間型装甲巡洋艦であった。排水量9695tで、主砲は20.3cm45口径連装砲2基で副砲は15cm40口径単装速射砲12基を備え、速力は20.5ktである。艦首水面下には未だ衝角(ラム)が付いている。1900年(明治33年)6月に日本に回航され、日露戦争では開戦時から連合艦隊に所属し、樺太占領作戦にも従事している。第一次世界大戦青島攻略戦等に参加した後、練習艦隊に組み込まれ、太平洋戦争時には主砲を高角砲に換装し対空砲台となるが、損傷することなく終戦を迎え、復員艦としても活動した。日露戦争参加艦艇で復員輸送を行なったのは「八雲」だけである。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Azuma_at_Portsmouth

吾妻(あずま)

六六艦隊のうちフランスに発注した装甲巡洋艦が「吾妻」で、戦艦よりも長い船体を持つ。三国干渉のロシア・ドイツ・フランスのうち、ドイツ・フランスとは対立を避けることを狙いとし、ドイツには「八雲」、フランスには「吾妻」の建造を依頼した。艦名は、福島県の吾妻山による。スペックは「八雲」と同等で、排水量9326tであるが、砲装は20.3cm45口径連装砲2基と15cm40口径単装速射砲12基と同じであり、速力は20ktで、衝角(ラム)も付く。1900年(明治33年)7月に日本に回航されると、日露戦争では「八雲」と共に行動し樺太占領作戦にも従事するが、第一次世界大戦ではインド洋に出撃している。その後、練習艦隊に組み込まれるが「八雲」とは別活動をし、1944年に除籍され翌年解体される。

  

< public domain >

Iwate_at_Vancouver_1933

出雲(いずも)磐手(いわて)

六六艦隊を構成する装甲巡洋艦の第3号が「出雲」で、第4号が「磐手」であるが、浅間型装甲巡洋艦が先に完成しているので、六六艦隊最後の巡洋艦となる。この2艦はイギリスに発注されている。排水量9773tで、20.3cm45口径連装砲2基に15cm40口径単装速射砲14基と「八雲」「吾妻」とほぼ同じで、衝角(ラム)も付くが、装甲は「三笠」と同じ軽くて強いクルップ鋼が使われており、速力は20.8ktである。「出雲」は1900年(明治33年)9月に就役して第二艦隊の旗艦となり、「磐手」は翌年3月に就役して第二艦隊の殿艦となり、ともに開戦時から日露戦争に参加し、蔚山沖海戦で戦果を上げる。「出雲」は、第一次世界大戦では遣米支隊(装甲巡洋艦浅間」、戦艦肥前」)の旗艦としてアメリカ西海岸を防衛任務を行なったり、帰還し御召艦を務めたりするが、その後は練習艦となり、最後は太平洋戦争末期の1945年7月に呉軍港で米艦載機の攻撃を受け転覆する。「磐手」は第一次世界大戦では東南アジアやインド洋に出撃し、その後は練習艦となり、最後は「出雲」同様、1945年7月に呉軍港で米艦載機の攻撃を受けて被弾し浸水着底する。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Asama_on_completion

浅間(あさま)常盤(ときわ)

ロシア艦隊の増強を受けて急遽、イギリスのアームストロング社で製造中であった輸出用装甲巡洋艦を2隻購入して「浅間」「常盤」とした。そのため、六六艦隊計画の第1号巡洋艦である「八雲」よりも早く完成することとなるが、これで巡洋艦6隻体制が完成することとなる。排水量9700tで、20.3cm45口径連装砲2基と15cm40口径単装速射砲14基に、衝角(ラム)が付くなど、他の装甲巡洋艦と同等であるが、装甲は輸出用巡洋艦ということもあり薄く、そのため速度は21.5ktとなっていた。「浅間」「常盤」は共に1899年(明治32年)には完成しており、北清事変に派遣された後、日露戦争では「出雲」「磐手」とともに第二艦隊を構成し活躍する。「出雲」は、第一次世界大戦では遣米支隊に参加しメキシコ沖で座礁するも浮揚し修理することができたが、1935年の大阪湾から呉軍港へ移動中の広島湾での座礁では損傷が大きく、砲門を撤去し練習特務艦へと改修され、そのまま終戦を迎える。「常盤」は、第一次世界大戦に参加後、練習艦となるが、敷設艦津軽」の老朽化により代艦として敷設艦に改造される。大分県佐伯湾での機雷敷設訓練中の機雷爆発事故により「常盤」は損傷してしまい、修理後しばらくは予備艦となっていたが、敷設艦に復帰し太平洋戦争を通して活動し終戦を迎えた。

  

< public domain >

NisshinPortSaid

春日(かすが)日進(にっしん)

日露戦争開戦直前にイタリアから購入した同型艦が「春日」と「日進」であり、開戦6日後の1904年(明治37年)2月16日に横須賀港に到着する。艦名は、ともに日本海軍創設期の存在艦の二代目である。チリと対立していたアルゼンチンがイタリアに建造を依頼していたところ、チリと和解したため不要となった軍艦で、イタリア海軍独特の前後対象デザインであり、排水量も他の装甲巡洋艦に比べ2000tほど少ない7700tと小型であるが、十分な兵装を備え衝角(ラム)付きであり、速力も20ktである。「春日」の主な兵装は25.4cm40口径単装砲1基と20.3cm45口径連装速射砲1基と15cm40口径単装速射砲14基で、「日進」は20.3cm45口径連装速射砲2基と15cm40口径単装速射砲14基である。「春日」は、旅順港閉塞作戦行動中に防護巡洋艦吉野」に衝突し沈没させてしまう。同じ日に戦艦初瀬」「八島」も触雷により沈没しており、そのため「春日」と「日進」は当初は戦艦6隻で構成されていた第一艦隊に配属され、第二艦隊の装甲巡洋艦6隻と六六艦隊を再構築する。日本海海戦では、少尉候補生として山本五十六が「日進」に乗艦していたが、砲身爆発があり左手の人差指と中指を欠損し左大腿部に重傷を負っている。「春日」は、樺太占領作戦にも従事し、第一次世界大戦ではインド洋での哨戒任務に就いた後は練習艦として運用され、太平洋戦争末期の1945年7月にあった横須賀空襲で大破着底し終戦となる。「日進」も、樺太占領作戦に従事し、第一次世界大戦時は地中海で船団護衛任務をし、その後は横須賀に繋留され新兵教育施設として利用される。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Takasago_at_Portsmouth

高砂(たかさご)

高速と速射により日清戦争で活躍した「吉野」の姉妹艦となる防護巡洋艦が「高砂」で、日清戦争後の第一期拡張計画で発注されたため、機関や兵装が改良されている。「吉野」を建造したアームストロング社エルジック造船所で既に起工され建造中であった「吉野」と同等の防護巡洋艦日本海軍が購入したものであり、装甲厚を増し主砲を15.2cm砲4門から20.3cm砲2門に強化しており、兵装は20.3cm40口径単装速射砲2門と12cm40口径単装速射砲10門になり、排水量4155tで速力22.5ktとなった。1898年(明治31年)5月に就役し、北清事変に出動後、日露戦争では第三戦隊に所属して旅順要塞攻略作戦黄海海戦に参加するが、旅順港閉塞作戦従事中の1904年12月13日に旅順港外で機雷に触れ転覆沈没する。 

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Suma_in_1897

須磨(すま)明石(あかし)

国産初の防護巡洋艦秋津洲」を小型改良化した須磨型防護巡洋艦の1番艦が「須磨」で、2番艦が「明石」である。排水量を500t程減らしたため、主砲は半減されたが速力は向上している。「須磨」は、排水量2657tで15.2cm40口径単装速射砲2門と12cm40口径単装速射砲6門を備え、速力は20ktである。「明石」は2年遅れて竣工しており、排水量2755tで15.2cm40口径単装速射砲2門と12cm40口径単装速射砲6門と同じ兵装であるが、速力は19.5ktとなる。同型艦でありながら異なる所属で活動する。「須磨」は1896年(明治29年)12月に就役し、日露戦争は「和泉」「秋津洲」「千代田」と第六戦隊に属して戦い、第一次世界大戦ではフィリピン方面の警戒活動後、第一特務艦隊の旗艦となりインド洋方面で行動し、1923年に除籍される。「明石」は、1899年(明治32年)3月に就役し、日露戦争は「浪速」「高千穂」「新高」と第四戦隊に属して戦い、第一次世界大戦では青島攻略戦の後、第二特務艦隊の旗艦として地中海に派遣され船団護衛に活躍するが、1928年に除籍され急降下爆撃の実艦標的となり海没する。

  

< public domain >

Kasagi_1898_in_UK

笠置(かさぎ)千歳(ちとせ)

日清戦争後の第一期拡張計画で建造されることになった笠置型防護巡洋艦の1番艦が「笠置」で、2番艦が「千歳」である。移民や貿易で摩擦が生じていた日米関係を緩和する措置としてアメリカに発注されたが、設計は「高砂」を改良したもので排水量が大きくなり兵装が若干強化されている。「笠置」は、1898年(明治31年)10月にフィラデルフィアで竣工し、排水量4862tで20.3cm45口径単装速射砲2門と12cm40口径単装速射砲10門を有し、速力は22.5ktである。「千歳」は、 1899年(明治32年)3月にサンフランシスコで竣工され、排水量4760tで兵装は「笠置」と同じであるが、速力は22.25ktとなる。「笠置」は、1900年の北清事変から出動し、日露戦争にも参加し、第一次世界大戦では青島攻略戦の後、1916年7月に津軽海峡座礁し船体が破壊したため除籍となり売却される。「千歳」は、1899年に東宮(のち大正天皇)が沼津御用邸から横須賀に移る際、御召艦八島」とともに供奉艦として同航し、北清事変出動後は、東宮の北九州地方巡啓における御召艦となる。日露戦争には日本海海戦まで参加し、第一次世界大戦では青島攻略戦等に参加した後、1928年に除籍となり土佐沖で実艦標的となり撃沈処分される。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Niitaka_in_1918

新高(にいたか)対馬(つしま)

日清戦争後の第二期拡張計画で須磨型防護巡洋艦の後継として建造された新高型防護巡洋艦の1番艦が「新高」で、2番艦が「対馬」である。須磨型防護巡洋艦も国産であったが、軍艦国産化の定着が求められ、それまでは横須賀海軍工廠のみで建造されていたものを「対馬」の建造は呉海軍工廠が担当することとし、建造技術の強化向上を図り、これ以降の巡洋艦は全て国産化される。両艦ともに、排水量3366tで速力は20ktであり、主砲として15.2cm40口径単装速射砲6門を有しているが、他の軍艦には装備されている魚雷発射装置は小型艦であることや誘爆リスクの排除を目的に廃止している。「新高」は、日露戦争開始直前の 1904年(明治37年)1月27日に竣工し、仁川沖海戦から参加し、日本海海戦では主に「音羽」とともに行動し活躍をする。「対馬」は、日露戦争開始4日後の 1904年(明治37年)2月14日に竣工し、直ちに日露戦争に投入されコルサコフ海戦で戦果を上げるなど奮闘する。第一次世界大戦では、両艦は「須磨」「矢矧」とともに第一特務艦隊としてインド洋方面で行動し、1921年に二等海防艦へと類別変更される。「新高」は、1922年8月に漁船保護のためオホーツク海を警備中に台風による暴風を受け座礁転覆する。「対馬」は、1939年に除籍され横須賀海兵団練習船となった後、三浦半島沖で雷撃訓練の標的処分とされる。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Otowa

音羽(おとわ)

新高」「対馬」ともに建造が決定した防護巡洋艦が「音羽」で、予算の都合で新高型防護巡洋艦よりも小型となる。排水量は一割減の3000tとなり、兵装も15.2cm40口径単装速射砲2門に12cm40口径単装速射砲6門と須磨型防護巡洋艦と同じであるが、雷装は無く、機関が強化されたことから速度は21ktとなる。1904年(明治37年)9月に竣工するとすぐに日露戦争に参戦し、日本海海戦では高速艦主体の第三戦隊に属して活躍し、第一次世界大戦では第一水雷船体の旗艦として青島攻略戦に参加後、1917年7月25日に志摩半島大王崎で座礁し船体が切断され沈没する。

 

記事のトップへ戻る

日本海軍 日清戦争

  

開国により対外交流が増えるにつけトラブルも発生するようになり、宮古島島民遭難事件への抗議として行なわれた台湾出兵や、日本と朝鮮との間の武力衝突である江華島事件では、日本海軍は軍艦を派遣します。台湾、朝鮮ともに宗主国は清国であり、日本と清は次第に敵対関係へと進んでいきます。その際、清国は日本海軍に「」と「龍驤」という二隻の装甲艦があることを意識し、それを上回る戦艦が必要と判断してドイツに「定遠」と「鎮遠」の建造を依頼します。両艦とも1885年(明治18年)に清国海軍の北洋艦隊に排水量7220tで主砲は30.5cm25口径連装砲2基という東洋一の堅艦として就役し、翌年、長崎に来航しています。日本海軍がイギリスに建造してもらった戦艦「扶桑」は排水量3717tで砲装は24cm20口径単装砲4門と17cm25口径単装砲2門といったもので、「定遠」に対抗できる戦艦を入手したいところでしたが、資金面から購入は難しい状況にありました。そこで、小型ではあるが十分な兵装を持った高速の軍艦を多数用意するという対抗策をとることとします。
そこで、1883年(明治16年)に巡洋艦をイギリスに2隻、フランスに1隻発注します。イギリスで建造された「浪速」と「高千穂」は防護巡洋艦という最新鋭の艦で、蒸気機関のみで航行し、また舷側の装甲を工夫することで軽量化を図っているため高速力を発揮することが可能となっており、その後の巡洋艦の主流となるものです。最大速力は18ktであり「定遠」級15kt程度に比べ高速な軍艦です。フランスで建造された「畝傍」は竣工後、日本に回航する途上、シンガポール沖で消息を絶ち行方不明となってしまいますが、保険金がかけられていたため、それを資金にイギリスで建造され巡洋艦が「千代田」であり、主砲は速射砲10門に統一され、最大速力は19ktでした。
続いての軍備拡張計画では、フランスからエミール・ベルタンを海軍省顧問として招聘し、「定遠」級戦艦の装甲を貫ける巨砲を搭載した巡洋艦を建造します。「定遠」を上回る主砲を艦首方向または艦尾方向に1門だけ装備した特殊艦を用意しペアで運用し「定遠」級戦艦に対抗するというもので、前部主砲艦として「厳島」と「橋立」、後部主砲艦として「松島」が完成しました。しかし、大口径の主砲は当時の技術水準では複雑であり故障もしやすく使い勝手が悪いとわかり、また日本海軍としては小口径の速射砲を持つ多数の高速艦による戦術を計画していたこともあり、4番艦となる後部主砲艦の建造は取り止めて、やや小型となるものの速射砲を計10門備えた最大速力19ktの国内初となる防護巡洋艦秋津洲」を建造しました。
また、引き続き軍艦の増強が必要と考え、イギリスに新たな巡洋艦を建造を依頼したところ、多数の速射砲を持ち最大速力が23ktとなる高速艦「吉野」を入手でき、この軍艦の完成を以て日本は日清戦争の開戦を決めたともいわれています。

< public domain >

f:id:hideue:20170731181854j:plain

  

日清戦争

1894年(明治27年)に朝鮮国内で甲午農民戦争東学党の乱)が起き、この鎮圧のため日清両国が朝鮮へと出兵することとなりましたが、それが日清戦争の発端となりました。日本海軍は、1889年に制定された艦隊に関する最初の艦隊に関する法令「艦隊条例」で「常備艦隊」を設けますが、日清関係の緊張高まりを受け1894年に「艦隊条例」を全部改正(勅令第71号)して「警備艦隊」を新設し、それを「西海艦隊」と改称した後、「常備艦隊」と「西海艦隊」からなる「連合艦隊」を編成します。ちなみに、艦隊を後方支援する組織として鎮守府が横須賀・呉・佐世保舞鶴に設置され、その直轄組織として軍港と造船所を主体とする軍需工場からなる海軍工廠を建設しています。

連合艦隊の第一遊撃隊が、1894年7月25日早朝に朝鮮の豊島沖で清国の巡洋艦2隻と遭遇し豊島沖海戦ほうとうおきかいせん)が始まり、これが日清戦争の嚆矢となりました。この海戦では、清国側の艦船は沈没したり日本に拿捕されたりしましたが、日本側の損害は無く圧勝といえる戦果を収め制海権を手に入れました。そのため、清国海軍は旅順に立て籠る形となりましたが、9月16日に陸兵を輸送する船団の護衛として清国の北洋艦隊が大連を出港しました。その情報を得た連合艦隊も出撃し、9月17日午後より最大の海戦である黄海海戦(こうかいかいせん)が開始されます。日本海軍は高速で速射主体の第一遊撃隊4隻と低速であるが重火力主体の本隊6隻が一列になる単縦陣をとり、清国海軍は衝角攻撃を意識した横列陣となり、まずは砲撃戦となりますが、清国海軍は速力で勝る日本海軍に追いつくことができず、逆に日本海軍の第一遊撃隊と本隊が連携した十字砲火を浴びることとなります。その後は両軍とも入り乱れての砲撃戦が続けられますが、速度に勝り速射砲による集中砲火が功を奏した日本海軍が優勢となり、清国海軍は四分五裂の状態となり旅順を目指して退却をしてしまい、戦闘は終了します。旅順に戻ったものの、今度は日本陸軍から攻撃を受けてしまい、そこで威海衛に逃げ込みますが、威海衛の戦い(いかいえいのたたかい)で日本海軍の「小鷹」を含む水雷艇群の攻撃により複数艦が沈没し「定遠」も大破座礁して自沈することとなり、北洋艦隊の丁提督は自決し清国海軍は降伏します。

日清戦争勝利した日本は1895年(明治28年)3月に「下関条約(日清講和条約)」を結び、朝鮮独立や領土割譲(遼東半島・台湾・澎湖列島)と賠償金の支払などを決め、また清国海軍の軍艦を戦利品として入手します。「鎮遠」は威海衛の戦いの際に接収され日露戦争に参加します。ほかに新鋭巡洋艦広丙」と豊島沖海戦黄海海戦で逃げ惑った巡洋艦済遠」も接収しますが、「広丙」は1895年12月の台湾警備の際に座礁沈没し、「済遠」は日露戦争でロシア船「エカテリノスラフ」(後に日本海軍初の潜水母艦韓崎(からさき)」となる)を拿捕した後、旅順港外で触雷し沈没しています。

ところで、下関条約の内容を確認したロシアは遼東半島割譲に反発しフランス・ドイツととも清への返還を要求する三国干渉勧告をします。日本は、当時の国力からやむなく勧告を受諾することとし、これ以降「臥薪嘗胆」をスローガンにロシアを仮想敵国として軍拡を進め、日露戦争へと歴史は動いていきます。

  

豊島沖海戦

連合艦隊の第一遊撃隊(「吉野」「浪速」「秋津洲」)が、朝鮮の北西岸豊島沖で会合する予定だった通報艦八重山」と旧式巡洋艦武蔵」を捜していたところ、1894年(明治27年)7月25日早朝に清国の巡洋艦済遠」と「広乙」と邂逅し、戦闘が始まります。「吉野」の砲弾が「済遠」に命中し、後続の「浪速」「秋津洲」からも砲撃を受けた「済遠」は白旗と日本軍艦旗をマストに掲げ降伏を装ったため、次に「広乙」を攻め「秋津洲」が座礁させると「広乙」は自爆しました。そのすきに降伏したはずの「済遠」が逃走したため、「吉野」「浪速」が追跡すると降伏を装い、また逃走するといったことが繰り返されている時、清国の砲艦「操江」と英国商船旗を掲揚した「高陞号」に遭遇します。それでも「済遠」は逃走を続けるため、「吉野」が引き続き追撃しますが、浅瀬へと逃げられてしまいます。残った「浪速」は「高陞号」に対応し、「操江」は追いついた「秋津洲」が拿捕しました。
高陞号」は清国兵1000名強の輸送中であったため、服従を要求しましたが、清国兵による抵抗があり、そこで「浪速」艦長の東郷平八郎大佐は撃沈を指示しました。「高陞号」沈没後、泳いで「浪速」に向かってきた船員士官は全員救助しています。英国船籍の商船である「高陞号」を撃沈されたイギリスでは、日本に対して反感が沸き起こるものの、イギリスの国際法学者が日本側に違法行為はないと解説しイギリス世論は沈静化しますが、その一方「高陞号」に兵や大砲を輸送させた清国に対しては侵略者という印象が強調されることとなりました。

豊島沖海戦では、日本側の損害は皆無で、清国側は「広乙」と「高陞号」が沈没し「操江」が接収されるという結果になりました。

< public domain >

f:id:hideue:20170731180355j:plain

  

黄海海戦

旅順に籠っていた清国海軍の北洋艦隊は、1894年(明治27年)9月16日に陸兵輸送船護衛のために母港としていた威海衛から出航し、陸兵上陸の支援を行なった後、大狐山沖合にいたところを索敵中であった日本海軍の連合艦隊と遭遇します。北洋艦隊は艦首の衝角(ラム艦首)により敵艦を沈没させるべく横一列の単横陣(右翼より「楊威」「超勇」「靖遠」「来遠」「鎮遠」 旗艦「定遠」「経遠」「致遠」「広甲」「済遠」)の隊形をとりましたが、連合艦隊は全艦一斉砲撃ができるよう縦一列の単縦陣とし、北洋艦隊の前方を横切るという作戦を実行します。先導する第一遊撃隊(旗艦「吉野」「高千穂」「秋津洲」「浪速」)が高速艦による速射主体で砲撃した後、重火力主体の本隊(旗艦「松島」「千代田」「厳島」「橋立」「比叡」「扶桑」)と連携し、続けて十字砲火を浴びせることができ、集中砲火を受けた「超勇」が沈没し「揚威」も破壊され座礁します。しかし、北洋艦隊側の別動隊であった「平遠」「広丙」「福龍」が参戦し砲撃が行なわれ、「吉野」や「松島」などが被弾します。また、随伴していた樺山資紀海軍軍令部長乗船の仮装巡洋艦西京丸」が敵前に孤立するといった事態も発生し、その護衛にあたっていた砲艦「赤城」は艦橋を破壊されてしまいます。両軍が入り乱れた形で砲撃戦が行なわれる中、連合艦隊の本隊が「定遠」「鎮遠」に集中射撃をすることができ、第一遊撃隊も加わって北洋艦隊を挟撃する形で、「定遠」「鎮遠」「致遠」「靖遠」にダメージを与えます。その際、「済遠」と「広甲」は戦場から逃亡を図り、「広甲」は座礁し放棄され「済遠」は旅順へ帰還してしまいます。第一遊撃隊の砲撃によって「致遠」が沈没し、また「吉野」は被弾しつつも「経遠」を追撃し沈没させています。壊滅状態となった北洋艦隊は旅順へと帰還し、黄海海戦は終わります。

日本側は「松島」「比叡」「赤城」「西京丸」が大破し「吉野」など多数が被弾し炎上しましたが艦艇の損失はなく、清国側は「経遠」「致遠」「超勇」が沈没し「揚威」「広甲」が座礁、「定遠」「鎮遠」を含む全艦で損害が発生するという結果になりました。

  

日清戦争開始時の艦艇

  

< public domain >

f:id:hideue:20170731180225j:plain

浪速(なにわ)・高千穂(たかちほ)

当時の巡洋艦は機帆を併用し非装甲であったものを、蒸気機関のみで航行し薄い装甲板や石炭庫で砲弾の威力を低減するという世界初の防護巡洋艦としてイギリスで建造されたチリ海軍向け「エスメラルダ」の二番艦が「浪速」で、三番艦が「高千穂」。排水量は3709tで砲装は26cm35口径単装砲2門と15cm35口径単装砲6門であり、最大速力は18ktとなっている。ちなみに「エスメラルダ」も後に日本海軍が購入して「和泉」となり、最初の防護巡洋艦3隻全てを日本が所有することになる。「浪速」は1886年(明治19年)2月に就役し、御召艦となった後、日清戦争の端緒となる豊島沖海戦に参加して活躍し、日露戦争では第四戦隊の旗艦となるが、1912年(明治45年)6月に北千島への輸送航行中に座礁し沈没。「高千穂」も1886年(明治19年)4月に就役すると、御召艦となった後、日清戦争日露戦争に参戦し、1911年には敷設艦へと改造され、類別変更で二等海防艦となり海軍水雷学校の練習艦として使用されていたが、第一次世界大戦では1914年(大正3年)の青島攻略戦に参加した際、10月14日にドイツ海軍の水雷艇(小型駆逐艦)「S-90」の雷撃を受け轟沈した。

  

千代田(ちよだ)

畝傍(うねび)」の保険金で建造された防護巡洋艦が「千代田」で、舷側に装甲帯を装備しており装甲巡洋艦の魁ともいえる。排水量2439tで12cm40口径単装速射砲10門を備え、最大速力は19ktという高速速射艦となる。1891年(明治24年)1月に就役し、日清戦争日露戦争に参加後、水雷母艦に類別変更されるが、既に水雷艇はなくなっており実務上は潜水母艦であったが、1922年(大正11年)除籍となる。

  

< public domain >

f:id:hideue:20170731180330j:plain

f:id:hideue:20170731180416j:plain

松島(まつしま)・厳島(いくつしま)・橋立はしだて

定遠」級戦艦に対抗できる軍艦を用意する目的で建造された特殊巡洋艦で、艦名から「三景艦」と呼ばれる。「定遠」の主砲は30cm20口径であり、それを上回り「定遠」の装甲を撃破れる32cm38口径の主砲を搭載した艦を建造することとしたが、このクラスの主砲を巡洋艦に前後2門搭載させることは物理的に難しいと判断し、艦首方向あるいは艦尾方向に1門ずつ装備した特殊艦を建造し、その2隻をペアにすることとした。その結果、完成した前部主砲艦が「厳島」と「橋立」で、後部主砲艦が「松島」である。「松島」と「厳島」はフランスに建造を依頼したが、「橋立」の建造は横須賀工廠で行なわれ、国産初の大型艦となる。「厳島」が1891年(明治24年)9月、「松島」が1892年4月、「橋立」は1894年6月に竣工している。排水量4278tで32cm38口径単装砲1門のほか12cm40口径速射砲12門(「厳島」と「橋立」は11門)を備え、装甲は40mmと薄いが最大速力は16ktで「定遠」級よりも速い。ペアにするということでは後部主砲艦が不足するが、32cm38口径の主砲は故障も多く、発砲のたび反動で船体が大きく揺れまともな戦闘ができないことから4番艦は建造されず、実戦でも主砲は「三景艦」合わせて12~13発に過ぎず、副砲の速射砲の方が威力を示す結果となった。「松島」は日清戦争では連合艦隊旗艦を務めたが、黄海海戦で「鎮遠」の砲撃を受け大破し、「橋立」が旗艦を引き継いだ。日露戦争では「厳島」が「松島」「橋立」を従えて第三艦隊の旗艦となり参戦した後、士官実習用の練習艦隊が編成されることとなり「松島」「厳島」「橋立」の三艦が対象となった。「松島」は士官候補生の遠洋航海中の1908年(明治41年)4月30日に火薬庫の爆発で沈没したが、「厳島」と「橋立」は1912年に二等海防艦に類別変更があり、「厳島」が1919年、「橋立」は1922年に除籍となる。

  

< public domain >

f:id:hideue:20170731180443j:plain

秋津洲(あきつしま)

三景艦」の4番艦となる軍艦であったが、大口径主砲を搭載する巡洋艦に対する疑問視から佐雙左仲(さそうさちゅう)造船官がエミール・ベルタン顧問の計画に対し猛烈に反対したことで、「秋津洲」は新たに設計しなおされた上で建造されたものであり、日本人が初めて設計し建造した防護巡洋艦である。排水量3150tで15.2cm40口径単装速射砲4門と12cm40口径単装速射砲6門を有し、最大速力は19ktである。1894年(明治27年)3月に竣工すると、日清戦争では豊島沖海戦黄海海戦に参加し、輸入艦に劣らぬ活躍をして国産巡洋艦のプロトタイプとなる。日露戦争の後、1921年(大正10年)に潜水母艦となったが、1927年に除籍される。

  

< public domain >

Japanese_cruiser_Yoshino_at_Yokosuka

吉野(よしの)

日清戦争を回避できないと考えた日本海軍がイギリスに最速の防護巡洋艦を発注し建造させた軍艦で、最新の技術を取り入れた機関により出力は「浪速」や「松島」の倍以上となり排水量4216tで23ktという水雷艇並みの高速を実現した。兵装は15.2cm40口径単装速射砲4門と12cm40口径単装速射砲8門を有しており、高速と速射砲を兼ね備えた巡洋艦の集大成といえるもので、その後の日本海軍は戦艦の拡充を目指すこととなる。「吉野」は1893年(明治26年)9月に就役し、日清戦争では豊島沖海戦黄海海戦で高速と速射を活かし戦果を上げるものの、日露戦争になると旅順港内にてロシア艦隊を封鎖行動中の1904年(明治37年)5月15日、濃霧により装甲巡洋艦春日」の衝角(ラム)が左舷中央部に激突し沈没する。

  

八重山(やえやま)

1890年(明治23年)に最初の通報艦としてエミール・ベルタンが設計し建造された。無線が発達していなかったため、敵艦隊の動向を捉え通知する高速の艦艇が必要であり用意されたものであり、排水量1600tで20ktという最大速力であった。兵装として12cm砲を3門備えている。1890年(明治23年)3月に竣工し、日清戦争日露戦争で活躍したが、通信技術の進展により役割を終え1911年に除籍となる。

  

葛城(かつらぎ)・大和(やまと)・武蔵(むさし)

日本海軍は軍艦の建造を国産化するため、1873年(明治6年)に日本初の軍艦「清輝」を竣工させた後、「天城」「磐城」といった1000tに満たない小型艦で経験を積み、次に1000t超の巡洋艦海門」1381tと「天龍」1547tを建造する。それを発展させ量産を意識して計画建造された巡洋艦が葛城型で、排水量1502tに17cm25口径単装砲2門と12cm25口径単装砲2門の兵装を備えていた。機帆併用であるが最後の帆走艦であり、船体構造は木製から鉄製へと改善され堅牢性が高まっている。また「大和」は初めて民間造船所で建造された軍艦である。「葛城」が1887年(明治20年)11月、「大和」が1887年11月、「武蔵」が1888年2月に竣工される。日清戦争では防護巡洋艦が主力となっていたため、海防警備や練習用として使われ、日露戦争後の1913年に「葛城」は除籍となるが、「大和」と「武蔵」は1922年に測量艦に類別変更され長く在籍する。1928年に「武蔵」が除籍され、1935年には「大和」も除籍され、ともに少年刑務所の宿泊船となる。

  

< public domain >

Japanese_Gunboat_Akagi

摩耶(まや)・鳥海(ちょうかい)・愛宕(あたご)・赤城(あかぎ)

日本で最初に衝角を設けた砲艦が摩耶型である。「愛宕」は横須賀造船所であるが、残りは民間造船所で建造されている。船体構造が進化する過渡期であり、「摩耶」「鳥海」は鉄製、「愛宕」は鋼骨木皮、4番艦「赤城」は鋼製となり、排水量は「赤城」が622tで、残り3艦は614tである。兵装も各艦異なり、「摩耶」は15cm砲2門に4.7cm砲2門、「鳥海」「愛宕」は21cm砲1門と12cm砲1門、「赤城」は12cm砲4門と4.7cm砲4門となる。「摩耶」は1888年明治21年)1月、「鳥海」は1888年12月、「愛宕」は1889年3月、「赤城」は1890年8月に就役している。日清戦争に参戦し、特に黄海海戦では「赤城」は軍令部長が乗船した「西京丸」の盾となるという活躍をする。日露戦争にも参戦するが、「愛宕」は1904年10月6日に座礁し沈没、「赤城」は砲艦大島」に衝突し沈没させてしまう。その後、「摩耶」と「鳥海」は1908年、「赤城」は1911年に除籍となる。

  

西京丸(さいきょうまる)

1888年明治21年)に商船会社日本郵船がイギリスに建造させた2904tの貨客船であるが、日清戦争開戦により徴用され武装化し仮装巡洋艦となる。兵装は12cm速射砲1門、57mm速射砲1門、47mm速射砲2門である。日清戦争黄海海戦では、樺山資紀軍令部長が戦況視察の目的で乗船するが、戦闘に巻き込まれてしまう。戦争終了後は徴用を解除され貨客船となり、日露戦争では病院船として活動するが、その後は再び貨客船として就航し、老朽化により1927年に解体される。

  

小鷹(こたか)

1888年明治21年)に航洋性のある水雷艇としてイギリスで建造された。当初の水雷艇は「外装水雷(長い棒の先に爆弾を装着し敵艦に体当たりし爆破する)」を装備した小型艇であったが、「魚雷魚形水雷)」が開発され魚雷発射管を設けるようになった。日本海軍が初めて購入した水雷艇は外装機雷を載せた排水量40tの第1号水雷艇第4号水雷艇と名付けられた小型船で、魚雷の実用化により魚雷発射管に改装された。それに続く水雷艇が「小鷹」で、新造時から魚雷発射管が搭載され、また外洋航行可能とするために排水量を203tと大型化し、対水雷艇用備砲も設けられた。しかし、船体の大型化は隠密性が要求される水雷襲撃には適さないとのことから、同型艦は建造されなかった。日清戦争では威海衛の戦いで小型水雷艇を率いて2月6日に夜襲をかけ清国艦船4隻を沈没させる戦果を上げたが、日露戦争では内地警備に従事し、1908年に除籍され練習船となる。しかし、また1917年に雑役船(標的船)として復帰するが、1926年に廃船扱いとなり翌年売却される。

 

記事のトップへ戻る

日本海軍 創設

  

 < public domain >

f:id:hideue:20170722115317j:plain

明治維新後に軍事防衛を管轄する機関として設置された兵部省は1872年(明治5年)に廃止となり、陸軍省海軍省が新設されます。
この時に創設された日本海軍(大日本帝国海軍)は、幕府や諸藩の艦艇を編入し、次の17隻で構成されていました。
軍艦としては「」「龍驤」「富士山」「筑波」「春日」「日進」「鳳翔」「雲揚」「第一丁卯」「第二丁卯」「乾行」「孟春」「摂津」「千代田形」の14隻があり、正式名としては「艦」が付き「東艦」「富士山艦」などと呼ばれていました。他に「大坂丸」「風丸」「風丸」という運送艦が3隻あり、計17隻になります。

  

日本海軍創設時の艦艇

  

< public domain >

f:id:hideue:20170722114649j:plain

(あずま)

元々はアメリカの南北戦争で使われるはずだったフランス建造の装甲艦ストーンウォール」を幕府が購入する手配を進めていたが、明治維新により新政府が購入することとなった。その当時、唯一防御装甲のある軍艦であり「甲鉄」と呼ばれていたが、日本海軍編入後に「東艦」と改められている。ただ、排水量は1358tで砲門は6門という当時としては中規模の大きさであった。

  

龍驤(りゅうじょう)

熊本藩がイギリスに発注した軍艦。木造船体であるが舷側に鉄製装甲帯をもつ装甲コルベットと呼ばれるもので、排水量は2530tあり砲門は10門持ち、当時の日本海軍では最大の大きさと最強の武装を誇るもので、実質的な旗艦の役割を果たしていた。

  

富士山(ふじやま)

幕府がアメリカに発注した3隻のうちの1隻として完成した排水量1000tで砲12門を持つ軍艦であるが、下関戦争が勃発したため、リンカーン大統領が出航を差し止め、残2隻の製造が中止されたという経緯がある。1866年(慶応元年)に幕府に渡された後、明治新政府に移管され、海軍兵学寮(海軍兵学校の前身)開設時に初代練習艦となった。

  

筑波(つくば)

イギリス海軍が建造した「マラッカ」を購入し「筑波艦」と改名した砲9門の軍艦。海軍兵学寮(海軍兵学校)の練習艦となったが、世界で最初の円缶搭載艦で排水量は1947tあり、サンフランシスコまで航海するなど遠洋練習航海が行なわれた。

  

春日(かすが)

キャンスー」というイギリス船籍の木製外輪船を薩摩藩が購入し「春日丸」と改名された軍艦で、排水量は1015tで大砲は6門を備えていた。後の海軍提督である東郷平八郎が三等砲術士官として乗船しており、阿波沖海戦で幕府海軍の軍艦「開陽丸」と砲撃戦を行なっている。その後も、宮古湾海戦箱館湾海戦等で活躍し、明治新政府に移管された際に「春日艦」となる。

  

日進(にっしん)

佐賀藩がオランダに発注した本マストの蒸気帆走船で、1869年(明治2年)に完成し、翌年6月に海軍籍となり「日進艦」となる。排水量は1468tあり兵装も10門有していたため、主力艦として台湾出兵朝鮮半島警備等で活躍した。

  

鳳翔(ほうしょう)

長州藩がイギリスに発注した木製帆走船で、新政府に献納され、1871年(明治4年)に「鳳翔艦」と命名された。排水量321tという小型艦ながら砲門4門を有しており、初期の日本海軍の貴重な戦力であり、1899年に除籍されるまで28年間在籍した長寿艦であった。

  

雲揚(うんよう)

鳳翔」と同じ時期に長州藩がイギリスに発注した木製帆走船で、排水量は245tと小さいながらも大きさはほぼ同じサイズであった。1875年(明治8年)に日本と朝鮮の間で発生した武力衝突事件である江華島事件では、朝鮮の江華島と永宗島の砲台から「雲揚」が砲撃を受けたため、反撃砲撃をし交戦となり陸上砲台を破壊し占領している。

  

丁卯(ていぼう)

1867年(慶応3年)に長州藩がイギリスに2隻発注した木造汽船で、この年が十干十二支のひとつ「ひのとう(丁卯)」にあたることから「丁卯」と名付けられ、同型艦であるため「第一丁卯」「第二丁卯」となった。排水量は236tと小型であり大きさと性能ともに同じであるが、砲門は「第一丁卯」が6門で「第二丁卯」が8門あったといわれている。

  

乾行(けんこう)

薩摩藩イギリス海軍砲艦をしていた「トーク」を購入して「乾行丸」と命名した軍艦で、1870年(明治3年)に献納されて海軍籍となり「乾行艦」と改名し、その後、繋留練習艦となる。排水量522tで兵装は砲9門を備えており、戊辰戦争時の寺泊沖海戦に「第一丁卯」とともに参加して旧幕府の輸送船「順動丸」を砲撃戦の末、自沈させている。

  

孟春(もうしゅん)

佐賀藩がイギリスで建造された砲艦ユージニー」を購入して「孟春丸」と命名した軍艦で、1871年(明治4年)に献納されて海軍籍となり「孟春艦」となる。排水量357tで砲4門と小型艦ではあるが、台湾出兵江華島事件西南戦争に参加した。

  

摂津(せっつ)

アメリカで建造され南北戦争時には北軍で使用されていた「コヤホッグ」という砲艦を1868年(慶応4年/明治元年)に購入して「摂津丸」と命名した。排水量920tで砲8門を持ち、翌年に広島藩に貸与されたが、1871年に変換されて「一番貯蓄船(いちばんちょちくせん)」と改名する。1874年に「摂津艦」と改名した後、海軍省内堀に係留され練習艦として使用された。

  

千代田形(ちよだがた)

幕府が石川島の造船所で建造した国産蒸気砲艦で、量産化の計画があったため千代田「形」としたが、2番艦以降は建造されなかった。函館戦争座礁した後、漂流していたところを新政府軍が接収し、艦名を「千代田形艦」とし海軍兵学寮(海軍兵学校)の練習艦として使用される。

  

大坂丸(おおさかまる)

元は1866年(慶応2年)にイギリスで竣工した鉄製気船「OSAKA」で、豊津藩が購入した後、1870年(明治3年)に献納されて「大坂丸」と命名された。1871年に護送船、翌1872年に輸送船と定められ、1875年12月25日に長崎から東京へ兵器を輸送中に周防灘で「名古屋丸」と衝突し沈没した。

  

風丸(しゅんぷうまる)

カナダで建造された木造帆船で運送船として使用されていたが、1873年(明治6年)に海軍省へ移管し「肇敏(ちょうびん)」となる。1877年の西南戦争で輸送任務に従事した後、練習船に指定され、1879年になって「肇敏艦」と改名した。

  

風丸(かいふうまる)

アメリカの木造帆船「ゴーウルノルワラス」を備中松山藩が購入し「風丸」と命名した。1868年に軍務官所管となり、1869年に兵部省(陸軍部)所管となった後、兵部省(海軍部)に移管され1881年まで石炭輸送等に従事していたが売却されている。

< public domain >

f:id:hideue:20170722121652j:plain

こののち、海軍力強化のため、軍艦の増強を図ることとしますが、日本はまだ軍艦の造船技術が未熟であったため、当時としては最先端の技術力を誇っていたイギリスに戦艦扶桑巡洋艦金剛」「比叡」の3隻を発注することとしました。ただ、軍艦の国産化も目指す必要があることから、造船所を建設して外国人を招き国産軍艦の建造も進めています。1873年(明治6年)に横須賀の造船所にてフランス人技師の指導の下、日本初の軍艦「清輝」が起工され、二年半後に竣工しています。排水量897tで、15センチ砲1門、12センチ砲4門、6ポンド砲1門、機砲3基という兵装であり、日本艦船として初めてヨーロッパへ遠征をしています。

< public domain >

  

f:id:hideue:20170722121849j:plain

扶桑(ふそう)

イギリスに発注した最初の装甲フリゲイトで、1878年(明治11年)に日本に回航され、最新鋭艦であったため、天皇のお召艦としても使用された。排水量は3717tと日本では最大規模であるが、当時の欧州の主力艦は10000t以上であったためミニ戦艦であり、近距離は蒸気機関で航行し長距離は帆走するという機帆併用船であった。帆は燃えやすい上に砲撃戦時は邪魔となるため、帆装は撤去し蒸気船へと近代化改装が行なわれ、併せて武装も新型の速射砲と水上魚雷発射管が搭載されている。日清戦争に参加した後、「松島」と衝突し沈没したが、浅瀬であったため引き上げることができ修理をして日露戦争にも参加している。

  

金剛(こんごう)・比叡(ひえい)

イギリスに発注した最初の装甲コルベットで、「金剛」と「比叡」は同型艦であり、1878年(明治11年)に日本に回航されている。排水量は2250tと「扶桑」よりは小さく巡洋艦と呼ばれた。両艦そろって士官候補生の実習訓練で地中海方面遠洋航海に従事し、1890年には座礁沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル」号の生存者をコンスタンチノーブルへ送還している。その後、日清戦争日露戦争に従軍した後、1909年に「金剛」、1911年に「比叡」が除籍となり、売却されている。

 

記事のトップへ戻る

日本海軍 通史と類別

  軍艦とは、各国の軍隊に所属し、国籍が明示され、士官の指揮下にあり、軍隊規律に従った乗組員が配置された船舶のことです。
軍艦旗が掲げられ軍隊に属する士官を含む乗組員がいれば、陸軍が有する非武装の輸送船も軍艦といえます。ただ一般的には、海軍に所属し戦闘力を持つ艦船を指して軍艦と呼びます。
ちなみに、日本海軍(大日本帝国海軍)では、艦首に菊花紋章がついた艦艇を軍艦と定義していました。

< public domain >

f:id:hideue:20170718131343j:plain

 

日本海軍は、1872年(明治5年)に海軍省が設置され、江戸幕府からの接収したものに諸藩から献上されたものを併せた17隻で始まり、軍艦は14隻で、残り3隻は「××丸」と名付けられた運送船でした。
四方を全て海で囲まれた島国であるため海軍の整備は急務と考えられ、イギリスに建造を依頼したり、士官養成のための兵学校を設立します。また、横須賀に造船所を建設し、フランス人技師を招いて軍艦の国産化を目指します。
征韓論台湾出兵などにより清国との関係性が悪化し戦争化が免れないという状況となりますが、清国の方でも対日戦争は不可避と判断し主砲4門を持つ「定遠」「鎮遠」という最新鋭の戦艦を用意します。それに対し、当時の日本は財力が不足しており「定遠」を上回る戦艦を建造することはできず、そこで小型ではあるものの高速の巡洋艦を多数用意して対抗する方針とし、装備する艦砲もイギリスのアームストロング社製速射砲に統一しました。ただ、それだけでは不安を感じ、1門だけですが「定遠」を上回る主砲を持つ三景艦「松島」「厳島」「橋立」という防護巡洋艦も用意しています。
そして日清戦争直前には31隻の軍艦を有するようになり、それを当時唯一の戦艦であった「扶桑」をはじめとする優秀艦からなる常備艦隊と、主に警備や哨戒を担当する旧式艦や小型艦の西海艦隊の2つの艦隊が設けられ、日清戦争時には常備艦隊と西海艦隊を合わせた「連合艦隊」として運用されました。

日清戦争勝利し、清国から「鎮遠」等を編入し多少は増艦したものの、海軍力としては未だ整備された状態ではありませんでした。特に、三国干渉後の日露関係の悪化からロシアを仮想敵国とした場合、その戦力差は大きなものとなっていました。そこで、1896年提案の『海軍拡張計画』により、まずは戦艦6隻・装甲巡洋艦6隻からなる六六艦隊を実現させ、他に防護巡洋艦6隻や駆逐艦23隻、水雷艇63隻等も建造し、イギリス、フランス、ロシアといった海軍国に次ぐ規模にまで成長させています。
この頃の海軍の艦艇は、軍艦と運送船といった類別ではなく、1898年(明治31年)の「海軍軍艦及水雷艇類別標準」の制定により、軍艦という大型船と水雷艇という小型船の2種に分けられるようになります。駆逐艦は、もともとは水雷艇駆逐艇と呼ばれ、水雷艇を駆逐するための船艇でしたが、徐々に大型化し駆逐艦と呼ばれるようになりましたが、日本海軍での類別では軍艦に組み込まれることはありませんでした。
1902年には世界一の海軍力を誇るイギリスと日英同盟を結び、戦略的にも日露戦争に向けた準備をとるようになり、連合艦隊も、戦艦6隻の第一艦隊、装甲巡洋艦6隻の第二艦隊、日清戦争時の主力艦からなる第三艦隊として構成し直されます。
ロシアは、旅順とウラジオストックに極東艦隊を配置し、本国側には主力といえるバルチック艦隊を有しており、日本海軍の2倍程度の勢力保有している状態でした。しかし、日露戦争が始まると、ロシアはバルチック艦隊バルト海から日本まで、ほぼ地球を半周させる必要があり、それまで日本海軍は極東艦隊のみとの戦闘となります。新型艦により統一された戦闘が行なえる日本海軍が優勢となり、バルチック艦隊がインド洋マダカスカル島を進んでいる頃、極東艦隊は全滅してしまいます。そして、バルチック艦隊日本海に到達し日本海海戦が始まりますが、長い航海を続け疲弊が溜まるバルチック艦隊に対し、整備と訓練を重ねていた日本海軍は圧勝といえる成果をあげました。この戦勝により、日本は世界の一等国の仲間入りを果たします。

ところで、イギリスは日露戦争での海戦結果を教訓として、新たな戦艦「ドレッドノート」を建造します。これは主砲の口径や砲門を強化して1隻で2隻分の戦闘力を持ち、機関もレシプロからタービンへと改良することで高速化を実現したものです。この艦の出現により、それまでの軍艦は全て旧式とされ、戦力とみなされないような位置づけになります。日本海軍は軍艦の国内建造化が進展していたところでしたが、「ドレッドノート」級の建造技術は有しておらず、またイギリスに巡洋戦艦金剛」の建造を依頼します。ただし、「金剛」から最新技術を習得してスキルを向上させ、あらためて国内建造を推進していきます。
その頃、欧州では露西亜に変わりドイツが海軍国として成長し、イギリスと覇権を競うようになり、第一次世界大戦へと向かいます。日本も参戦はしますが、ほとんど戦闘を行なうことはないまま、戦勝国となります。

第一次世界大戦後は戦火を交えたイギリスは国力が低下し、その代りイギリスと同盟関係にあった日本とアメリカの軍事力が増強されることとなりました。そこで、太平洋を挟んで隣国となる日本とアメリカは徐々に敵対関係となり、日本はアメリカを仮想敵国として軍事力強化を図ることになります。
日米とも軍艦建造競争が激しくなるとともに国家財政へと影響を与えるようになり、ワシントン及びロンドンでの軍縮会議が開かれますが、最終的には帝国主義的は世界情勢から、無条約状態となり戦艦「大和」「武蔵」といった戦争に向けた軍艦建造へ盲進する、後戻りができない果てしなき道を突き進んでいくこととなります。

< public domain >

f:id:hideue:20170718131503j:plain

  

軍艦の類別

第二次世界大戦(太平洋戦争)が始まる頃の日本海軍には、軍艦として戦艦・航空母艦巡洋艦水上機母艦潜水母艦敷設艦・練習戦艦・練習巡洋艦・砲艦・海防艦が存在し、艦首に菊の紋章が許されましたが、駆逐艦・潜水艦は、その他の船艇とともに軍艦としては位置づけられませんでした。

戦艦

主砲により敵の艦船を攻撃する艦艇で、艦隊の主力といえるものです。かつては、装甲を強化するため速度が犠牲になっており、軽装甲で速度重視の戦艦を巡洋戦艦として建造していましたが、機関の改良や装甲技術の高度化により高速で重装甲の戦艦が建造できるようになり、巡洋戦艦という艦種はなくなりました。日本海軍の代表的な戦艦として「大和」「武蔵」「長門」などがあります。

航空母艦

飛行甲板を持ち航空機を搭載して敵を攻撃する艦艇で、略して「空母」と呼ばれます。海戦の主体が砲撃から空撃へと移ったことから、艦隊の主戦力になります。艦種としては1920年頃に生まれたもので、当初は水上機母艦を指していましたが、飛行甲板を設けることにより通常の航空機を艦載する航空母艦を指すようになり、水上機母艦と区別されるようになります。日本海軍の代表的な空母として「赤城」「加賀」「翔鶴」などがあります。

巡洋艦

快足を活かし偵察や索敵、襲撃を行なう、戦艦に次ぐ艦隊の主力艦艇で、基準排水量や備砲の口径により戦艦と差別化しています。また、同様な区別により「重巡洋艦」と「軽巡洋艦」に分類わけしています。代表的な重巡洋艦としては「妙高」「高雄」「最上」などがあり、軽巡洋艦には「長良」「阿賀野」「大淀」などがあります。

水上機母艦

水上機を搭載し主に偵察を行なう艦艇で、当初は「航空母艦」と呼ばれていましたが、航空甲板を持つ空母が建造されるようになり差別化されました。代表的な水上機母艦として「千歳」「千代田」がありますが、この2隻は空母へと改装されています。他に「瑞穂」「秋津洲」などがあります。

潜水母艦

潜水艦の補給や乗組員の休養に使われる艦艇で、最初は水雷母艦でしたが、潜水母艦と名称変更されたものです。代表的な潜水母艦として「迅鯨」「大鯨」「剣埼」がありますが、「大鯨」は空母「龍鳳」に、「剣埼」は空母「祥鳳」に改装されました。

砲艦

中国の揚子江流域に常駐させた河川用艦艇で、小型軽武装となっています。最初の砲艦「宇治」は国産艦艇で、日本海海戦にも参加した航洋型砲艦でしたが、続く「隅田」「鳥羽」「勢多」などは河川用に特化した航洋性の無い艦艇です。その後は、航洋性のある「嵯峨」「安宅」などや河川専用の「熱海」などが建造されました。ちなみに、1944年(昭和19年)の類別の改定で、砲艦は軍艦から除かれます。

敷設艦

機雷を敷設するための艦艇で、敵潜水艦の侵入を防ぐ防潜網を展開することもありました。当初は日露戦争の戦利艦を転用していましたが、「勝力」を新造し、その後「厳島」「八重山」などを建造します。また防潜網の敷設に特化した急設網艦「白鷹」なども建造されています。

海防艦

老朽化した戦艦や巡洋艦などが転籍し沿岸防衛などのほか外交任務にも就くことがある艦種で、旧式といえども歴戦の勇艦であるため、艦長は大佐が務め艦種には菊の紋章が付けられました。ところが、太平洋戦争開戦を見据え北方警備を担当する新造艦として「占守」が建造され、開戦後は護衛艦としての海防艦の必要性が高まり「択捉」「御蔵」「鵜来」などが大量に建造されることになり、1942年(昭和17年)に軍艦から独立します。より小型化、簡易化した砲艦も建造されましたが、そちらには艦名はなく番号が振られました。

練習戦艦

ロンドン軍縮条約により既存艦の削減が求められ、巡洋戦艦比叡」が対象となり、武装・装甲・機関の一部を軽減して保有することが認められ、練習戦艦と呼称されることとなりました。練習戦艦は「比叡」1隻だけです。

練習巡洋艦

士官候補生の遠洋航海などの教育訓練を目的とした艦艇です。最初は日露戦争時の装甲巡洋艦を利用していましたが、老朽化や士官増員に対応するため、練習艦任務に特化した巡洋艦を用意することとし、「香取」「鹿島」「香椎」の3隻が建造されています。教育目的から設備としては充実していることから、戦時には艦隊旗艦として活用されました。

駆逐艦

敵の水雷艇を撃退するための艦種で駆逐艇と呼ばれていましたが、魚雷を搭載するようになり水雷艇の役目も併せ持ち、船体が大型化することにより駆逐艦と呼称されます。水上艦艇でもっとも高速であるため、雷撃戦の主役としてはもちろんのこと、艦隊の警戒や護衛としても重用されることとなり、数多く建造されました。代表的な駆逐艦としては「吹雪」「秋月」「島風」などがあります。

潜水艦

海中に潜航できる艦艇で、当初は潜水艇と呼ばれて湾内など艦艇泊地での活動でしたが、ドイツのUボートの技術を導入し巡洋型潜水艦が建造されるようになりました。大小様々な潜水艦がありますが、中には水上攻撃機を搭載する潜水空母ともいうべき潜水艦も建造されています。潜水艦には艦名はなく、大型の一等艦は「」号、中型の二等艦は「」号、小型の三等艦は「」号とし、それに続けて番号が振られていました。

< public domain >

f:id:hideue:20170718131639j:plain

  

軍艦の艦名

日本海軍創設からしばらくは自由に付けられていましたが、日露戦争後に艦種ごとに命名基準が設けられます。

 戦艦旧国名大和」「武蔵」など、「扶桑」は日本国の異称

 重巡洋艦巡洋戦艦):山岳名「金剛」「比叡」「妙高」「高雄」など

 軽巡洋艦:河川名「天龍」「長良」「阿賀野」「大淀」など

 練習巡洋艦:神社名「香取」「鹿島」「香椎

 航空母艦:空を飛ぶ瑞祥動物から「鳳翔」「飛龍」「翔鶴」など
      空母量産により山岳名を追加「葛城」「天城」など

 水上機母艦:瑞名「千代田」「千歳」「瑞穂」など

 潜水母艦:鯨が付く語「迅鯨」「長鯨」「大鯨」など

 一等駆逐艦:天候や海洋に関係する「吹雪」「朝潮」「陽炎」など

 二等駆逐艦:植物名「」「若竹」「」など

 潜水艦:大型は「」、中型は「」、小型は「」とし、番号を採番

 砲艦:名所旧跡名「宇治」「嵯峨」「熱海」など

 敷設艦:島名「厳島」「八重山」など、設網艦は鳥名「白鷹」など

 海防艦:島名「占守」「択捉」「御蔵」など

 特務艦:海峡や岬、半島の名など
  工作艦明石給油艦知床」「剣埼給糧艦間宮運送艦宗谷

 水雷艇:鳥名「千鳥」「友鶴」「」など

計画や建造の途中、あるいは改装により艦種が変わることがありましたが、その場合でも元の艦名を引き継ぎました。
 「赤城」計画時は巡洋戦艦であり山岳名がつけられたが、空母に改装
 「加賀」計画時は戦艦であり旧国名がつけられたが、空母に改装
 「金剛」「比叡」など 巡洋戦艦から戦艦に変更となったが、艦名はそのまま
 「最上軽巡洋艦として計画し河川名であったが、重巡洋艦に改装
 「千代田」「千歳水上機母艦から空母へ改装したが、艦名はそのまま

ただし、潜水母艦から空母への改装では艦名が変わっています。
 「大鯨」は「龍鳳」に、「剣埼」は「祥鳳」へと変更

 

記事のトップへ戻る